住宅ローンは少しでも金利の安いところで申込みたいと思うはずです。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

これから住宅ローンを組む方も、既に申し込んでいる方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

不要になった住宅を売却しお金に変える場合、判定してもらった金額がローンより安ければ、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

とても簡単に申請でき近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年間、控除を受けることができます。

その場合は、年末調整ではなく支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。

こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合借金が0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

ただし注意しておきたい点がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になる

従って、最近ネットでも話題になっている評判のおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

家の購入で初めに思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険を掛けます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残った借金が0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいのでこれからの事を十分考慮して考えましょう。