mainimg

住宅ローン特則における四つの特別条項について

みなさんは、住宅ローン特則における四つの特別条項をご存知ですか? 借金の返済を行いながら、マイホームを維持する場合には、住宅ローン特則は大変便利な制度になります。

二つの要件はあるものの、それらをクリアすれば、誰でも受けることが出来るのです。また、住宅ローン特則には四種類の特別条項が存在しています。 今回は、それらの特別条項を一つずつ確認していきましょうね。まずは、期限の利益回復型になります。

本来の「住宅ローン」支払はそのまま、それまでに支払が延滞することになった元利金や遅延損害金などを再生計画に基づく弁済期間内に分割にて、支払うものなのです。 続いては、期限延長型になります。 再生計画に基づく弁済期間中における「住宅ローン」の支払金額を少なくしてくれるます。 最後は、住宅ローン債権者同意型についてです。

住宅ローンの債権者から同意を得て、上記以外の返済計画を作成するものになります。 「住宅ローン特則」の特別条項は、「小規模個人再生手続き」「給与所得者等再生手続き」のどちらでも利用することが、可能になります。

当然ですが、住宅を維持する気がない人は、わざわざ「住宅ローン特則」を利用しなければいけない必要性はないのです。 個人再生を利用するのなら、これらの制度を賢く利用することも、一つの手として有効になりますよね。

引用サイト

新生銀行住宅ローン借り換え審査甘い?【年収と頭金の基準は?】
新生銀行住宅ローン借り換え審査でお困りの方のためのサイトです!審査基準をしっかりと確認して落ちないために必要な情報をご紹介しています。
xn--r8j1c3e0q4a5cy537axmbhw6c12ah35deklwm6h133a.com/

コメントは受け付けていません。

»

▲Pagetop