本当にアコムマスターカードはキャッシングなしでも契約できるのか?

ネットショッピングをするのにアコムマスターカードがあると便利なのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

仕事先の人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやアコムマスターカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるアコムマスターカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安に感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

引用:アコムマスターカードをキャッシングなしにする方法は?【買い物専用】

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アコムマスターカードを申し込んだ時に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

よくTVなどで見るアコムマスターカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の増えているアコムマスターカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

代表的なのはイオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社です。

WEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

アコムマスターカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済む便利なアコムマスターカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので注意しましょう。