フラット35を利用してみたいんだけどまずはじめにざっくりとランキングをチェックしてみるところから

全期間固定金利で選選択肢に入れる人の多いフラット35ですが、金利以外にも申し込み前に確認しなければいけない内容があります。

それは借入に際しての事務手数料や登記関係でかかる諸費用です。

他にも、銀行機関によっては繰り上げ返済時に手数料が発生するローンもあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

もし金利を見直すために借り換えをする場合では、新しくローンを組むことになるので再度、事務手数料や登記代などの支払いが発生します。

金利を下げて享受できる借り換えメリットと諸費用を計算して今は、借り換えを行わないと判断する人もいます。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どう選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

FPなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談に行けば相談できるのかわからないという場合もあります。

全期間固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に行くのがオススメです。

この相談会に参加する場合は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。

住宅は人生で最大の買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類のプランが存在しています。

いったいこの2種類のプランは何が違うのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

一例としては、省エネルギー性や耐震等級3以上の物件かなどが入ります。

条件を達成していると特別金利のフラット35sが適用されます。

また、この制度は新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払い滞納が発生していないかというクレジットヒストリーを挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後の返済計画を立てておくことです。

特に、住宅ローンなどの高額ローンでは何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

確認は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのHPにあるシミュレーションを活用しましょう。

その際に、変動金利型のローンは金利変動の影響で支払額が変わるので固定金利のフラット35など別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

一生のうち、最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で家を買うという人はまずいないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

ローンを選ぶときに変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを考えるとフラット35がおすすめです。

2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値に設定されていますが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

返済計画が崩れることもあるので気をつけましょう。

念願の自宅を手に入れる際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわからない人も多いはずです。

ここでは、ローンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

目先の金利が低いけれど数ヶ月、数年後の支払い額が高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので見るポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の事務手数料などを比べる必要があります。

ここ数年では、変動型の人気が落ち固定型の人気が出ているようです。

住宅ローンについてインターネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは銀行機関と住宅金融支援機構がコラボレーションした住宅ローンのことです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての資金調達が難しいとされています。

資金調達が難しく、リスクがあるのでメリットとしては、勤続年数が1ヶ月から申しこみ可能と短くても借入できる可能性があることや金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、日銀による超低金利施策で低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても何種類かあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を知っていますか?名称からは特徴がわかりにくいですが通常の銀行ローンと何が違うのか調べてみました。

参考:フラット35住宅ローン総合ランキング 【トータルでお得な銀行は?】

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が0円ということがあります。

マイナス面としては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので借入できない可能性があることが挙げられます。

長期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一つ、フラット35ですがどういったローンなのかTVCMなどを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が0円なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が無料なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの借入になることや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払い額は変わらないこと、銀行独自のローンではある諸費用ローンはないことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットはあるので申し込む際は確認してからにしましょう。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですがほとんどの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めるので場合によってはローンが組めないこともあります。

では、いくらまで借りられるのでしょうか。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱実績1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決定する前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるのがほとんどなので物件探し時に必ず活用するようにしましょう。

予算が事前に分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。